東日本復興加速化本部から第4次提言が総理に提出されました | 菅野さちこ 公式サイト | 衆議院議員 自由民主党 福島県第三選挙区支部長

 東日本復興加速化本部から第4次提言が総理に提出されました

国会での活動

先週、自民党復興加速化本部の大島理森本部長より、安倍総理へ復興加速化第4次提言が提出されました。「協働の力で希望と自立」をテーマに議論を重ねたものであります。提言の中で、復興とは、地域に生きる人々が、日常的に「自立して生きていき、希望を持つ」こと。すなわち、終の棲家に安らぎ、家族で助け合って自立して生きていくことであり、その個々が生きていくための共助の場である、地域社会の再興である。と冒頭に明記されました。しかし、福島に関しては原子力災害の問題が大きくあるため、いまだ復旧の段階であると書かれております。福島が一日も早く、真の意味で、「復旧から復興」へ前進するよう、私も地元のお声や現状を真摯に政府にお伝えし、頑張って活動いたて参ります。